がんの種類によって様々な初期症状がある

ロゴ

新着情報

がんに関すること

医者と女性

胆のうがんの治療法

胆のうがんに効果的な治療は、医療技術の進歩によって様々な方法が可能になっています。様々な治療法の中でも、身体に負担が少ないと言われているのがNK細胞療法となります。

READ MORE
女医

病院の選び方

がん治療を始める時に、重要になるのが病院選びです。病院はたくさんあるので病院選びのポイントを知っておくと効率良く探すことができます。そうすると、自分に合った病院で治療を受けることができるでしょう。

READ MORE
グッドポーズ

治療の流れ

癌の遺伝子治療をする時は分からないことだらけなので不安に感じてしまうでしょう。不安があるままだと良い治療はできないので、治療の流れを把握しておく必要があると言えます。

READ MORE

がんは風邪に似た初期症状がある

がんによって喉が痛んだり咳が出たりなどの風邪に似た初期症状があります。その為、がんの発見が遅れる場合があるのです。

発症のしやすいがん5選

no.1

胃がん

胃がんはがんの中でも最も多い種類と言われています。この胃がんは、ピロリ菌に感染することで発症しやすいです。また、胃がんの原因ともなるピロリ菌は水にも潜んでいる可能性があるので除菌してから飲むようにしましょう。

no.2

子宮頸がん

子宮頸がんは、女性に発症するがんです。このがんは、異型細胞というがんの一歩手前の状態が進行すると子宮頸がんになります。その為、女性であれば定期的な検査を受ける必要があります。

no.3

肝臓がん

肝臓がんの発症の原因として知られているのがアルコールです。しかし、最近ではウイルスが原因となる場合が多くなっているのが分かってきました。さらに、肝臓がんの特徴として初期症状が分かりにくいということがあるので身体に異変があればすぐに病院に行くようにしましょう。

no.4

皮膚がん

皮膚がんは基本的に紫外線によって発症します。ですから、紫外線に当たる環境の時には十分な日焼け対策をすることが大切になります。

no.5

胆のうがん

胆のうがんは、コレステロールの成分が凝固した胆石があると発症する可能性が高まります。その為、生活習慣を見直して肝機能を上手く活動できる身体作りをする必要があると言えるでしょう。

[PR]

胆のうがんの治療なら免疫療法がイチオシ!
副作用がないから身体への負担が少ないのがメリット☆

がんのことを知る

病院

がんの初期症状を知っておく

がんには様々な初期症状が現れます。中には、初期症状が分からりにくい場合があるので事前に知識を身につけておくことが大事です。そうすることで、発見が遅れる可能性はなくなります。

しこりができる

皮膚に近いがんの初期症状には、しこりができてしまう可能性が高いです。その為、しこりがあることを確認したらすぐに病院に行きましょう。

排泄物に血が混ざっている

がんの初期症状の一つに、便や尿に血が混じることがあります。排泄物に血が混じるのは、身体に異変があるというサインとなることを知っておいて下さい。

体重が減る

基本的にがんを発症すると体重の減少が起こります。ですから、体重が減っていると感じればがんを疑うようにしましょう。